2008年1月25日 (金)

暗記のコツ発見

税理士試験は、暗記試験(泣) 

簿記論だけは計算100%なので別ですが、

他の科目は理論が絡むので暗記だらけ。

 

受験生が苦しむ最もネックとなる部分はは、理論の暗記

 

もちろんそれは、自分も例外ではないわけで・・・・

 

楽に暗記はできないということは、身をもって思い知りながら、いかに効率よく暗記が出来ないものかと試行錯誤し、暗記のコツを勉強してきました (ぉぃ・・・その時間を暗記に充てろよ)

 

「学習曲線」とか「エビングハウスの忘却曲線」とか、先に紹介した「マインドマップ」などの記憶に関するものを学んだわけですが、ここにきてまたヒトツ、コツを見出した気がします。

 

その名は「マジックセブン」

まさに、マジック!

 

脳科学の面からも実証されているようで、活用してみると思いのほか効率がよいです。

 

要はブロックに分けて暗記していくと理解が早い、という極めて基本的なお話なのですが、人間の脳にはその分けるブロックの数に理想的な数があるようなのです。

 

今回はそんなマジックセブンの他、色々な知識が詰まった脳科学の専門家の本をご紹介します。ほんの2時間くらいで読めて、暗記にもこれからのビジネスにもプライベートにも活かせるなんて・・・

「読書」って素晴らしいですね♪

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

著者:築山 節
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

行き詰ったとき

同じ作業を繰り返し行う

 

楽しい作業をしていない場合、どうなるかというと・・・・

 

100%飽きます! 

税理士試験の場合は、税法科目になると暗記が特にそうなりがちです!

 

ひたすら文字を追いまくっては、覚える。覚える。覚える・・・・

 

そして、忘れる。忘れる。忘れる・・・・・(泣)

 

 

楽しいはずがありません、はっきりいって苦痛です。

 

そんな風に行き詰ったとき皆さんはどうしていますか?

 

思いっきり遊んで、モチベーションを高めるという人もいるでしょう。

でも、一度苦痛になった作業に戻るのはかなりの精神力を要します。

それに、焦りが伴って余計に効率は悪くなるし、精神的に健康ではありません。

 

そんなときは・・・・・・・

 

その苦痛を楽しみに変えてしまいましょう。

税理士試験に限らず、資格試験を目指す人は誰しもが通る道なのです。

税理士試験は暗記量が物凄いので、その苦痛の量が余計に多く感じます。

 

楽しみに変えるには自分なりの勉強法を習得するしかないわけですが、

その近道を教えます。

 

 

・・・・・・・・それは・・・・・・・・

 

 

 

 

 

     『本を読むこと』      です!!

 

本を読むといっても、苦痛に感じた理論集を読むなんてことはしません。

 

一般にいうビジネス書で、成功物の本を読むのがよいと思います。

 

今与えられている時間、環境が未来に繋がっていることを

客観的に、そして冷静に見直すことが出来るので、

モチベーションが一気にアップします。

 

たったの2,3時間で読み終えることが出来るし、

ちょっとした投資で得られるパワーは、とてつもないものです。

 

勉強も大切とは感じますが、読書から得られるものはさらに上回ると気づきました。

そして、週に1冊は読むようになりました。(ここ1週間は1日1冊ペースです)

 

今回ご紹介する本は、その中でも一押し。

感動すること間違いないでしょう。涙を流す作品です。

また、自分は一体何を目指して頑張っているのか、何をしようとしているのか

思い直すことが必ず出来ますし、何より心が温まり苦痛が和らぐはずです。

 

ちょっと疲れたその心、

一休みして元気にしてあげてみませんか?

 

君と会えたから・・・ 君と会えたから・・・

著者:喜多川 泰
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

1年ぶりに帰ってきました

久々の投稿をしてから約1年

帰ってまいりました。

 

といっても何もしていなかったわけじゃありません。

この一年間の間に色々とあったんです。

 

そう色々と・・・・

(結婚、引越、そして第一子の妊娠と・・・)

 

そんなこんなで、一家の亭主となってさらには父にもなる1年でした。

そんなオトコがいつまでもゼロっていうのは情けない・・・・

 

っていうことで

ついにゼロからの税理士試験

やっとのことで一歩前進いたしました。

 

ご報告が遅れましたが

去年の試験で簿記論合格いたしました。

 

なんとか掴んだ一歩です。

 

相続税は3年連続不合格という情けない結果ではありますが、

去年一年で学んだことはタクサンありました。

 

実務はもちろんのこと、勉強法から人生の考え方まで、小さなことから大きなことまで。

精神的な面で強くなった気がします。

これも環境の変化のせいでしょうか。

 

今年も受験予定ではありますが、経済的な面からこれまでの知識と教材を活かして

直前期までは独学でやっていきます。

 

今年もいくぜ!!

財表、消費、相続税

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

復活

はぁぁ・・・・・(;>_<;)

久しぶりの投稿は去年の結果発表から。。

こんなテンション下がりっぷりの状況をみていただければ、

十分予測も出来るでしょうが。。。

 

 

 

 

もちろん期待は裏切りません。

全滅・・・・

力を入れていた相続税。凡ミスだらけでB判定。

初日の簿記、財表に至っては体調を崩したのと極度の緊張で、

結果を見ずに駄目だと確信しておりましたです ( iдi ) ハウー

 

人の不幸は蜜の味♪  ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ

ってな感じで、どうぞ笑ってくださいまし。

今はこんなんでも・・・こんな惨めな状況でも・・・・・

未来はきっと明るいはずなんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

<(T◇T)>わぁああああ!

  

落ち込むのはいい加減飽きたので、ここで仕切りなおして。。っと

今年こそは、不幸な気分で年を明けないようにしたいもんだ。。。

 っていうか、

 ぜったい合格して人生の成功への第一の切符を手に入れてやるんだ!!

 

今年は、簿記・消費・相続で攻めて行きますぜ!

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年8月30日 (水)

新聞を見て

久々の投稿です。

試験を終えて夏を満喫しておりました(^^)

試験結果は考えるとブルーになるだけなので、もう考えるのはやめにして・・・

 

さて、新聞に目を通していると税金のあり方を考えることがあります。

今世間の流れでは税金は増税の方向にしか向いていません。

その原因としては国債の発行による債務超過の解消を狙う、年金・福祉などの社会保障の拡充等々があるのでしょう。

29日付の日経新聞では、税収増と国債消却拡大が一面に取り上げられました。

この記事の内容は、言い換えると国民からいつも以上に絞り上げたお金で借金返済した

ってことなんですよね。

借金返済って聞くとプラスなイメージが湧きますが、よくよく考えるとおかしな話です。

 

一般の家計に置き換えたとするならば・・・・

カードローンで借金を多額に抱える、親からのお小遣いで生活するJさん

借金もお小遣いも、パチンコや競馬などのギャンブルに使ったりで派手な生活をしたい放題

節約しようっていう気にもならないし、あるお金は全部使う主義

さすがに借金膨らんで危機感を感じたので、親にお小遣いアップを要求

そのお小遣いで、いつもより多めに借金返済ができました!

そして、Jさんは今なおさらにお小遣いアップを要求しようとしています

借金返済や親の老後の資金に充てるため、というのがその理由のようです。

 

こう文章を置き換えると、このJさんは頭おかしいですよね。

親のお金で借金返すこと考えるより、無駄なお金の支出を削減するのが先だろ?

という考えが、一般的な意見だと思います。

このJさんの一連の行動どう感じます?

節約して捻出したお金でやりくりして欲しいものです

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2006年7月 3日 (月)

あと一ヶ月・・

気づけば7月、試験日まで残り1ヶ月をきってしまいました。

という状況ではあるものの、今の自分の実力といったら・・・・

。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。

やばいっす!

1月からの6ヶ月間の講義のみで3科目合格いけるだろう・・・

と楽観的な目標を立てた自分が愚かだったと只今実感しております( iдi )

毎回の答練で実力のなさを思い知らされます。

簿記・財表・相続すべての科目で計算は中途半端。

理論に至っては、ヤマが外れたときはもうお手上げ状態。

運がいいときにかろうじて平均点ラインに乗っているというこの状況。

全答練の結果がもうそろそろで返却。

講師の方々は口を揃えて「全答練の結果を見て落ち込まないで下さいね。これからが勝負のときですから」というお言葉。

その言葉を信じてなきゃやってらんないよ。。ほんと(T_T)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年6月10日 (土)

お久しぶりです

久しぶりのブログです。

ブログをお休みしている間いろいろありました。

一番の出来事はゴールデンウィーク中の祖母急逝。

突然すぎる最期で、葬式時も祖母がこの世を去ったという実感が湧きませんでした。

いまだに、本家に顔を出した際には「よく来たねぇ、いらっしゃい。」という声が聞ける気がします。

当たり前のように過ごす毎日でも、いつ当たり前でなくなるときが訪れるのかは分からない。そう感じました。

私、今まで、そして今も、親に対して素っ気無い態度をとってしまったり、自分勝手な生き方をしてきた気がします。

そんな自分を黙ってみていてくれる両親に対して、今、反省とともにすごく感謝しています。

私が税理士を目指す理由の一つは、親孝行。

身体が弱くなるであろう両親の負担を自分がなるべく軽くさせることができるように、、、、と。

 

このブログを見た方も、家族の方々にあらためて感謝の気持ちを示してくださいな。

今度の6月18日(日)は父の日、ちょうどいい機会です。

 

私にとっての6月18日は父の日であると同時に、祖母の四十九日でもあります。

この世に生を授けてくれた父、祖母への感謝の一日にしたいと思っています。

 

さて、そんなカッコいい事を口にしてみたものの今年の試験はかなり微妙な状況です。

これからあと1ヵ月半でどれだけその微妙な状況を打破できるかは分かりませんが、とにかくやれることだけのことはやって試験に臨みたいと思います。

試験までの毎日、自習室か図書館通いの日々が続きそうです。

頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

久々の投稿

しばらくブログをお休みしていました。

PCに向かう時間があれば勉強しろよ!!っていうことで、お休みをさせてもらっていましたが・・・・

家にいる時の勉強。自分には向いていないようです。

集中力の低下状態が凄まじいものがあります。

個々人で向き不向きがあるのでしょうが、オラの場合は120%不向き。

音楽やらネットやらTVやらの誘惑に負ける自分がそこにあるのです。

 

人間って弱い生き物です。

苦しい道と楽な道があれば、自然と楽な方向へ向かってしまいます。

楽な道の先には・・・・

そうです、それなりの未来しか待ってくれていません。

では、苦しい道の先には・・・・

可能性に満ちた未来が待っています。

 

オラはどうやら家にいると前者の道を選択してしまいます。

先に待ち受けるものが分かっていても誘惑に負けてしまうのです。

 

ということで、家にいる時間は出来るだけ勉強から離れ、外にいる時間を有効に使えるようにシフトをチェンジすることを当面の目標とします。

 

早いもので、もうすぐ直前期。

大切な時期に入ってきましたので、大切に時間を使わないといけないですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月30日 (木)

貴重な体験

今日は貴重な体験をした一日になりました。

終日外出、数年ぶりにディズニーランドへ。

そして夜の20時20分頃、空に一筋の光が流れたのです。

ん、花火が始まったのか?と思いましたが時間がまだ早い。

なんとそれは流星☆☆☆

しっかりとした尾をつけながら10~20秒ほどハッキリと見えたのです。

北西から南東に向かって流れていったのですが、願い事3回繰り返して言えるほどのもの。

もしかしたら、あれって隕石!?

一生に一度しか見れないような貴重な経験でした。

 

そして、さらに・・・

その5分後ほど。空を眺めていたら・・・

西側の空(オリオン座の左側)にオレンジっぽい小さな光が10数個、その場で不規則な動きをしながら20秒ほど光を放った後に消滅しました。

もしかして、UFO?

立て続けのその二つの出来事を目撃したのはオラだけではなく、一緒にいた相方もでした。

このブログをご覧の方も目撃した方っているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

合格に向けて

このブログ。毎日更新を目標に掲げてやっていました。

が、本来の目的は・・・

そうです。

「税理士試験合格!」

毎日更新を目標に掲げるあまり、目的の達成が出来なかった。

ということは避けたいものです。

意外と毎日更新を続けるのは苦労モノなので逃げといえば逃げですが、このブログの目的はあくまで合格。

ということで、路線変更!

最近調子が落ち気味なので、合格に向けて邁進したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«駅前校